水曜日にはローマ法王に会おうNO.2【バチカン市国】(動画あり)

にほんブログ村 旅行ブログへ←442位からの出発。応援クリックありがとうございます

ほぼ毎週水曜日にヴァチカン市国:サンピエトロ広場で行われるオーディエンス(謁見)の様子を今日はご紹介します。

↓↓まずは動画をお楽しみください。(音声が出ますので再生時、注意してください)
画面が黒い時は一度「■」ボタンをクリックしてください

  


ローマ法王が「ポープモービル」に乗って現れるのが朝10時ごろだったと思います。でもサンピエトロ広場には8時前には行って並ぶことをオススメします。

本当に大勢の方が集まっています。サンピエトロ広場には普段は自由に入れますが、このオーディエンスの時間は入れません。昨日の記事でご紹介したチケットがないと入れません。そして入り口には空港と同じようなセキュリティを一人ひとり通らなくてはならないので、大変時間がかかります。

私達も8時前には行きました。でもすでに大勢の人が並んでいましたよ。

時間になりローマ法王が登場すると、すごい歓声が沸きあがります。まるでロックコンサートやサッカーの試合のような雰囲気です。

法王が正面の席に着くと一瞬場内が静まります。そしてイタリア語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語などで挨拶の言葉を下さいます。

続けて聖書の中の言葉を各言語で少し話し、その後それぞれの言語圏から来た団体名を読み上げていきます。自分達の名前が読み上げられると、自分達がどこにいるのかアピールするように歓声が上がります。中にはおそろいの服装をしたり、大きな旗や横断幕を持ってきているグループなどもいました。

みんなが盛り上がってくるとどこからともなく「ベーネデット!」(英語読みはベネディクト)と法王の名前コールが。

「これは失礼じゃないのか??」という感じもしましたけど、まぁ信者の皆さんがやっていることなのでいいのでしょう。

3回目のローマでしたが、これは初めての経験でした。夫がクリスチャンなのでこういった情報も入手することができおもしろい経験ができました。


もっと詳しく知りたい方はコメントくださいね。メルアド入力していただければ直接アドバイスもさせて頂きます!(メルアドは公開されませんから安心してください)

<旅情報満載ブログ>
旅ブログランキング←さまざまな旅情報がGETできます
<Sponsored Links>

この記事へのコメント
Miki様

この動画配信は、本当にすごいです。
こんなにコンパクトで、映像がシャープで、
雰囲気が一番よくわかる優れものですね。
それにしましても、バチカン市国というのは、
閉ざされた世界という間違ったイメージがありましたが、
法王様が、英語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語でのご挨拶、
というのは、すごくリアルで感銘しました。

追伸:2日ばかり、記事が更新されてなくて、
ちょこっと、ご心配申し上げておりました。
また、楽しい記事や情報を楽しみにしております。
Posted by タイフリーク at 2006年03月12日 00:21
Mikiさま
ブログにお立ち寄り頂きありがとうございました。
多くの国に訪問されているのですね。羨ましい〜。私は今のところ予算不足なので毎年、東南アジアでチープな旅と写真を楽しんでいます。
タイでは働いていたのですか?海外経験が豊富そうですね。
ではまた
Posted by ito-ani at 2006年03月12日 12:50
コメントありがとうございました。
このサイト、魅力的ですねぇ〜

ナイショの話あります。
mixiかメールで連絡してね!
あ、メルマガ登録して帰りますね。
ではまた。
Posted by yaya at 2006年03月12日 15:29
>>タイフリークさん

いつもありがとうございます!
ちょっと記事とは別のものをいろいろ作ってましてちょっとさぼっちゃいました!
メールもありがとうございます。
そしてあのブログでの最高のお褒めの言葉ありがとうございます。
不慣れなメルマガですが、お付き合い下さい。

>>ito-aniさんへ

コメントありがとうございます。
私も東南アジアをこよなく愛しています!
チープな旅行私も得意ですよ!

>>yayaさん
いろいろと情報ありがとうございました。
mixiの方でもいろいろありがとうございました。
Posted by Miki at 2006年03月13日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

旅行関連新着ブログ紹介
Excerpt: TB失礼します。当ブログで旅行関連おすすめ新着ブログとして紹介させて頂きました。
Weblog: 高級旅館・高級ホテル宿泊予約
Tracked: 2006-03-09 12:00

(5日目〜6月16日)いざ本陣へ
Excerpt: ヴァチカン美術館の展示物をもう少し紹介しようかと思ったんですけど、けっこう後半見るのに疲れてたせいか、写真がブレまくりなので、さくっと次にまいります^_^; ちなみに美術館のハイライトと言われる..
Weblog: さてイタリアでも!(ローマ、ボマルツォ、ヴァチカン、アッシジ)
Tracked: 2006-03-10 08:57

ボマルツォの聖なる森でスフィンクスの出迎え
Excerpt: 小路を右に折れて進むと、ついに聖なる森=怪物庭園の入り口となる門が見えてきました。石でできた門の小さなアーチ状の入り口の上には、オルシニ家の紋章らしきものが描かれています。ああ、ついにここまで来たのだ..
Weblog: イタリアですが!(ボマルツォ、ローマ、ヴァチカン、アッシジ)
Tracked: 2006-03-10 09:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。