タイ料理を習う【タイ:バンコク】

にほんブログ村 旅行ブログへ←442位からの出発。なんと15位内です!応援ありがとうございます

私はタイが大好きです。その理由の1つが「食べ物がおいしい!」というのがあります。
辛くて、甘くて、すっぱいタイ料理。本当においしいです。
旅行では現地の料理を楽しむのも大きなウェイトを占めますね。

パッタイ(焼きそば)・グリーンカレー・タイスキ・トムカガイ(チキンココナッツスープ)・トムヤムクン・カオマンガイ(チキンライス)・ヤムウンセンなどなどなど
>>参考サイト(All About)

今日ご紹介するのはおいしいレストラン!!

ではなく・・・・・・

バンコクでタイ料理を習おう! です。

    
タイ料理を習えるところはいろいろあります。
高級ホテルでシェフから教わるものや、タイレストランで習う、食堂で習う・・・

私は2回ほど体験しました。1回はバンコクの安食堂で、もう1回はタイ北部パイという村の食堂で。

残念ながら高級ホテルなどでは習ったことがありません・・・

バンコクで習ったときは、カオサン通りにある旅行代理店で予約をしました。
「明日、料理を習いたいんですが・・・」代理店の方がすぐ食堂に電話をして「はい、OKですよ! では明日!」って感じで簡単に予約は取れます。値段は確か500バーツ(約1500円)ぐらいでした。

翌日予約をした旅行代理店の前に指定時間に行くとお迎えのタイ人の若いお兄さんが来ました。すぐ近くの食堂でしたので一緒に歩いていきました。

食堂に着くと、おばちゃんが教えてくれます。ただそのおばちゃんは日本語はもちろん英語もまるでだめですから、お迎えに来てくれたお兄さんが簡単な英語で説明をしてくれました。

でも料理はことばが通じなくても見よう見真似でできますので大丈夫!
初めて見る食材や調味料が面白かったです。

食材の切り方など先におばちゃんがやって見せてくれて、おなじように自分で切っていきます。

タイ料理の独特な味は、調味料や香辛料、香草などから出てくるもので、調理方法自体はシンプルです。炒めるか、煮るかぐらいです。宮廷料理などはかなり手が込んでいるのでしょうが、私は家庭料理が習いたかったのでとても簡単でおいしくて大満足でした!

もちろんスーパーで今回紹介してもらった調味料をいろいろ買い込んで帰国しましたよ。

あ〜、タイ料理食べたいっ!
>>バンコク行き航空券最安値一覧表へ


<旅情報満載ブログ>
旅ブログランキング
さまざまな旅情報がGETできます
<Sponsored Links>
この記事へのコメント
タイ料理美味しいですよね。
なんでこんなに美味しいのかと思うぐらい美味しいです。
しかも決して高くない。
日本だと安い料理は材料の種類からして少ないですが、タイは安くても栄養があるきがします。
元気になれる味ですね。
Posted by クルランシー at 2006年03月06日 22:33
Miki様
西訪旅游にコメントいただきありがとうございます。ご挨拶が遅くなって申し訳ありません。
長々と書いていると、Miki様のようにタイに関心がある方が見に来てくれて、コメントを残していただいております。
ピピ島へは早ければ5月に行こうかと思っています。ピピ島の代理店、場所か店名さえ分かれば、ピピに知り合いがいるのでたずねるすべがないわけではないですが・・・。
ところで、タイ料理は酸・辛・甘・塩の4要素を巧みに使って大好きです。
私はトムカーガイが好きですね。
Posted by のっち at 2006年03月07日 12:36
>>クルランシーさん

いつもありがとうございます。
同感です。ほんとにほんとにおいしいです。
香辛料やしょうがなどをたくさん使いますから体があったまって(タイは暑いんですけどね)エネルギー蓄えられた!って感じがします。

>>のっちさん
さっそくどんな名前の店だったか調べてみます。一緒に写真も撮ったのですが、その写真を実家に置いてきてしまったので・・・

トムカーガイ私も大好きです!
スーパーで大量にペーストを買い込んで帰国しました。日本ではココナッツミルクの缶詰を買ってこれば簡単にあの味が楽しめます!
Posted by Miki at 2006年03月08日 11:05
タイ料理を習う手続きは、素早く出来てしまうものなんですね!驚きました。
今度タイへ行った時は、チェンマイのマッサージスクールとタイ料理を習いに行きたいです♪
Posted by タイ古式セラピスト*あい at 2006年03月11日 08:25
あいさんへ

そうなんです、タイではとても簡単に手配が出来ます。現地発のちょっとしたツアーも前日の夜遅くでもOKなこともあります。

タイは本当に観光産業が発達しています。
Posted by Miki at 2006年03月12日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。